読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Discordance Disco Dance!!

DiscoとDanceの不協和音

マルコフ連鎖自動作詞シリーズ100

でも充分にあるもの しずく 忘れ 
本当に望む人生は変えてみせる
口笛が上手なので 電脳真空
切れポイント 若くしていて 星より
神さまがうっかり わたしの街 不思議 
冗談を言って く考えていて 神様 
星よりも遠くまで あなたのことを
わたしのワンパターン 慰めの光
ララバイを タマネギ あなたの大きな
静かに飛行物体に積み込まれて
遠い日 わたしのとおりよ 顔もうたう
あなたの探している 世界一楽しかっ
そんな事を あすこのしっぽの毒を赤
息をした あの日から そしてその夜
のりてがうせる お店の人で歩い
誰でも一度は死にたがる見つめて
黒い空気が綴る綴る 半分 
もう一人だけの苦しさより 暗い 
こいのぼり また別なのかな 照らされ
奇異 あんたがた街の中へと続く
遠くから見守っていて 素直な心
どうして私のじゃく 今日は久々
オレンジサンドグラス そうですが 凛と 
おそらくは大丈夫だよ 他人になんて
デミタスを きびきびと寒き日の輝き
煙草の吸い殻でもない ここにはある
なに? あなたの前の過去を殆ど全て
今ならわかる なんでもひとりで やがて 
病が 慈愛に満ち ここにいる振り
光を集める人 天使のいる森
秘密の港に繋留する 観覧 
あがっていなくて 本当の 長身痩躯
光を感じる あふれますようにさんざめく
一人 君の楽しそうに咲きそう
誰でも彼を描いていることになっ
中に 明日という日は体何
白と共に 広くなる幅 玄関 
五月の雨 伸ばして飛んだ屋根まで
僕は幸福のありかについて語る
最後の煙草を消したらお終い
冬に枯れた森は 朝夕にそしら
僕は君がそこに行けばそのマザーグース
タマネギ わたしのなかで 一身上あん
いつかは死ぬと決まっています 焼き付け 
時のための 夕陽が沈む頃 年 
天使のほどではないのはその考え
月が一羽よなしの文三文三
ああこの世で一番愛してる優しい
ぼし ちょっと疲れて眠っている 紅い色
アクセルとブレーキドアミラー 偏愛 
空からしとしと雨が降る しっかりと
くっくくっくと頭のようだ 馬鹿者と罵ら
街の片隅で生きてしまった時 いくつ 
ぽけっとには暖かい海洋の面
新しく懐かしかった あなたの事
汚れているのかは 明日という日
夏の音だと思うしありだと思う
ボーイ&センチメンタルガール 星 
ここに居るように それぞれに輝い
きのうきょうあしたあさってしあさってやの
笑顔は忘れないよ夜が明けつきさす
どこだ 見つけました 私のせいかな
僕は濡れて アパートのエレベーター
血の海にグラウンディング 夕闇の
どんなのありかはここへ帰ったと人づて
ゴーなのだろう これからの力次第
一人立ち 木曜日には目をこらす
私のストーリー もちろん床もバナナ
ぐり 歩くだけ だからこれからの力
同じはずなのに僕の方からは時々
だれにくら三宝にかけた三十
出会ってしまう この旋律はいつか見つける
12月なのに 私の愛も限り
情念の塊は島の列に並ん
露の一滴が 手荒な黒い瞳の
いつの間にか風景の一つの希望
大切に それはどこで見た夜は いや 
あなたの街のざわめきの止み 今週 
首尾よくいけばいいし 心に新しい
僕は初めて愛を鏡になるよう
近くの工場の窓から帽子を
非情なエラーの文字がふわり浮かぶ
其れが降ってくるてきます 迷子になる前
旋律 顔も表情もないけれど
無条件で舞い降りて大半は降り積もる
旅人は帽子をおさえて花を咲かせ
つまりはそう思いたいいまはその顔
眠ってしまう いともたやすく 気流の
そっと閉めた そうです 半地下になっていく
うたいつづけてゆきそうな気がしたの
忘れないよ アメリカンのバイクが放置
澄んだ瞳で見つめられるたびに 自分 
優しい時間と決まっているから けし 
あてもわからない 晴れでも人をかきわけ
エジプトへ 花束が電車の中に
どこだ 90分 素直な感情
ヨーグルトを乗せて 旋律 あなたの
思わず抱き締めた そしてそのおばさん
ああこの世で一番の空っぽな頭
僕は更に望む あなたの魂

 

via:LYRICALOID 迷句リリ(独自辞書も作成可能な、マルコフモデルを使った自動作詞ソフト)
http://lyricaloid.seesaa.net/